信州気まぐれ写真旅

アクセスカウンタ

zoom RSS げんば山の蝶.36・スジボソヤマキチョウ

<<   作成日時 : 2008/10/10 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今、げんば山はキチョウのオンパレードです。かつて見たこともない程の多さでキチョウが舞っています。その中に混ざるわけでもなく、キチョウより二まわりほど大型でゆったりと飛んできたのがこの蝶「スジボソヤマキチョウ」です。実は私はヤマキチョウとスジボソヤマキの区別がつきません。翅を閉じた状態ではこの二種の蝶は全く区別がつかないのです。一般的にはヤマキは高原型、スジボソヤマキは里山型で、ヤマキは現在極端に個体数が減少しているということなので、スジボソヤマキチョウとしておきました。食草はクロツバラ、クロウメモドキで東信地方では普通に見られる樹木ですが、蝶の食草というよりカミキリムシ類の食樹として有名です。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
げんば山の蝶.36・スジボソヤマキチョウ 信州気まぐれ写真旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる